社長と従業員の関係はどうすればいい?

悩まされる従業員との関係はどうすればいいの?

社長の悩み

 

 

※毎月30冊以上ビジネス書を読む私のイチオシがコチラ↓

 

経営者、管理職は必見!次世代の経営学

 

 

 

 

こんにちは、サイトへのご訪問ありがとうございます。

 

ちいさな会社(50名ほど)を営んでおります、タケルともうします^^
年齢は28歳とまだまだ未熟ではございますが先代を含めわたしで3代目となります。
※尚、現段階では社長ではなく取締役として経営しております。

 

このサイトは会社経営するなかで、他では打ち明けることのできない悩みを
サイトという形で社長独自の悩みを書き連ねたいとおもいます。

 

ズバズバと毒毒しい人間の本質にフォーカスしているかもしれませんので
あらかじめご了承ください。

 

あくまでも経営者の方のみご覧下さい。

 

 

これを読んだらブラック企業とか性格悪い!と一瞬思うかもしれませんが、

 

社長の使命は会社を存続しお客さんいや、従業員含め家族の生活を守ることです。

 

 

 

詳しい自己紹介につきましては、コチラをお読みください。

 

⇒ タケルの自己紹介(※現在編集中)

 

 

さて、最近といいますか、永遠の課題でもありますのが、

 

社長と従業員の関係性です。

 

 

なぜ、従業員との関係に悩んでいるのかは色々と理由があるのですが・・・

 

 

つい先日、会社全体でお花見会をおこないました。

 

前回、いちぶメンバーが猛烈に酔って会社の不満、愚痴とあらわになり
散々でしたので今回は仕事の話は絶対にしないルールにしました。

 

今回は安心して皆で楽しめる!と思ったのですが、2次会でやはりメンバーの一部が前回同様の態度に(´Д`;)

 

悪気はないのかもしれませんが本人達からすると何かしら言いたいのでしょうね。

 

あなたも言われてるかも?普遍的なワード

 

・給料が低い
・仕事量が多い
・誰それが嫌いだ
・社長が。。。

 

 

 

だいたいはこのような感じでしょうか。

 

わたしも若いからといって舐められたものです^^
(年齢と責任は比例しません。)

 

少しでも労働環境や給料をあげることができるように努力しているのに…(´Д`;)

 

社長がその場に居たら絶対口にしないことも私の前だと言えるのでしょうか?

 

 

もちろん、わたしもべつな会社にいた時は似たような愚痴や不満はありました。
そういった意味では共感できますが、経営する側に立つと社長の悩みの深さ、重さが
また一段と伸し掛ってくるのです。。。

 

ほんと社長はすごいです。これを読んでいるあなたもすごい。

 

 

残念ながら、従業員は社長の苦労や努力を見ていません。
それに社長は従業員よりも頑張るのは当然でしょ。というスタンスです。

 

本来は逆です。社長は労働時間を減らし頭脳を使うべきなのですが。。。

 

 

・・・

 

ほんとであれば、私もキレそうなのですがやはり従業員あっての会社ですので
グッと堪えるのが得策です。それで仕事に対するやる気がなくなって辞める!とか最悪ですね。
だからこそ、我慢です。

 

 

普段から従業員との関係については頭を抱えておりますがお花見の件でよく理解できました(´Д`;)
人間ってふとした瞬間に”本音”が出るので怖いですよね。

 

 

社長の教訓??いや、俺流従業員の扱い方はこうだ!

 

 

極論を書きますが、

 

・社長は従業員に過度な期待はするな。
・従業員は社長の話を理解できない、聞かない、行動できない。
・従業員は会社なんてどうでもいい、それよりも自分だ。

 

そして逆に

 

・社長は、従業員の能力関係なく利益がでるようなビジネスを作れ。

 

⇒誰がやっても同じ結果がでるような作業マニュアル、設備を導入するしかないです。
言っても理解できない方が大半です。

 

・社長は従業員の細かな不満愚痴に時間を割くな。

 

⇒社長の仕事は利益を出すことで問題解決ではありません。
従業員の戯言に付き合ってる暇なんてないです。

 

・中小企業には良い人材なんて集まらないし来ない

 

⇒今後もっと地方は厳しくなります。利益が出ているうちに採用しとくのがベストです。
外国人労働者を雇用することも視野にいれるべきです。(とくに製造業)

 

・小さな会社はワンマン経営が絶対良い。

 

⇒権力と服従が大切。理由は統制が取れなくなるからです。
中小は社長の能力が高く従業員の能力が低いまたは逆の2種類しかないです。
余は、バランスの問題です。

 

 

※こんなこと従業員には絶対に言えません(汗

 

 

私も従業員に対する愚痴や不満はあります。それは当たり前だとおもいます。

 

思うのですが、何のためリスクをとって会社を立ち上げ経営しているのでしょうか。

 

私の場合はすこし特殊で先代、2代目とお世話になってきたのでその恩返しという意味で
全力投球の日々を過ごしておりますが、

 

そもそも、なぜ起業、経営したのか?と振り返ると、

 

ズバリ、お金を稼ぎたいから。もっというと幸せ、

 

 

ではないでしょうか?

 

 

よーーーーーーっぽど器のデカイ経営者、

 

たとえば、本田宗一郎様でしたり、松下幸之助様でしたりと所謂、教科書に出てくる方以外
従業員のためだとか、日本のためだとか世界のためだとか言えないと思いますよ。

 

よっぽど自分の欲求が満たされない限り他者貢献、社会貢献というのは難しい話だと思います。

 

だからこそ、社長はガンガン稼いで人雇ってとくに中小企業であれば、
会社の為つまり、社長自身の為に利益を残してもらうことに集中してもらうべきだと思います。

 

でないと、なぜ雇用したの?ってことにもつながります。

 

 

どうでしょうか?私の思想、性格、態度が間違っていますでしょうか?

 

一応、誤解がないように言いますと、

 

今流行りのパワハラとか、長時間労働とか極端な従業員への態度は絶対に良くないです。
人として丁寧に扱うべきですし当たり前です。

 

あくまでも従業員をコキ使ってやれ!!とかそういうことではないです。

 

 

むしろ社員の生活を守る。自分の会社=生活を守るために割り切って対応すべきだ!!

 

 

と言いたいのです。

 

 

従業員との関係に悩んでも仕方がない理由

 

わたしは経営に携わるようになってから責任という言葉の重さに気づき今までの態度から一転した
態度で働いておりますが地方で中小企業であるなら尚更、従業員との関係を割り切るべきだと思います。
これはしょうがないです。

 

理由は、ストレス、健康の問題が一番大きいです。

 

 

社長含め経営者はいちいち従業員に反応していたら時間もメンタル最悪な状態になります。
それで廃業とか笑えなくなります。

 

だからこそ、社長と従業員は分かち合えないことを前提に上手く雨と無知、叱咤激励にお金ですね。
従業員は使ってナンボです。

 

権威と服従をうまく使って会社を動かすしかないと思いますし、
古代から現代に通ずる人間の真理であり人の動かし方です。

 

ちなみに従業員の給料を上げたからといってやる気が上がるというわけではないです。
給料は平均にし賞与を定期的に上げた方が働いてくれます( ´▽`)

 

社長は稼ぎ社員に払う使命があるが社員は毎月安心して貰えます。

 

つまり、社員からすれば給料が上がっても一瞬は嬉しくてもその額に慣れてしまうって仕組みです。

 

 

経営者、社長と従業員は永遠と分かち合えません。
これは昔から変わらない本質なんでしょうか・・・。

 

人を雇用したからにはガンガン使っていいんですよ。
我々もその分対価を与えれば。

 

優しさと命令は違いますので。

 

 

 

以上です。

 

考えに変更がありましたら追記いたします。

 

 

 

社長、管理職は必見!次世代の経営学